結婚式場名古屋 ウエディングドレスの基礎知識

どんなウエディングドレスが似合うかは人の個性や体形によって異なります。ディテーィールにこだわった、着心地の良い、歩く姿の美しい洗練されたドレスを選びましょう。

スレンダーライン

体の線に沿った形でシルエットが細いウエディングドレス。シンプルなので、スタイルのいい人以外は着こなすのが難しい。少人数のウエディングなど、ゲストとの距離が近い結婚式場を利用する場合によいでしょう。

マーメイドライン

スレンダーを膝のあたりで一度しぼり、裾に向かって広がりを持たせた形のウエディングドレスです。女性らしさが強調され、華やかさが強調されるので、教会チャペルのバージンロードにも映えます。ウエストからヒップラインに自信がある人に適します。

Aライン

アルファベットの文字のAの形のように、バスト下やウエストから直線的に裾を広げた形のウエディングドレスです。比較的誰にでも似合いやすいので最も普及していますが、それゆえに、個性が引き立たないことにもなりかねません。すその開き具合や素材によって、甘くもスタイリッシュにも見えます。

プリンセスライン

上半身は体にフィットし、腰から裾にかけて大きくふくらんだ、お姫様のようなウエディングドレスです。愛らしい印象で華やかに仕上がり、背が低めの方や、太めの体形の方でも着こなしやすいのが特徴です。

エンパイアライン

バストのすぐ下に切り替えがあり、ふんわりとしたキャミソールのような形のウエディングドレスです。ハイウエストなので、小柄な体型でも似合うのが特徴です。マタニティドレスとしても普及型です。カジュアルさがあり、かわいらしさが引き立ちます。


なお、キリスト教の挙式では、花嫁は肌を出してはいけないため、ハイネック、長袖、そしてロングトレーンのウェディングドレスが慣例となっています。海外挙式や、国内でも規律に厳しい教会で挙式する際は、こうした宗教上の決まりごとにも注意が必要です。




解説メニュ−