結婚式場 名古屋の神社で神前式

近年、いわゆる結婚式場ではなく神社で和装により結婚式を挙げる神前結婚式を好むカップルが増えています。和婚の真髄である神前結婚式とは、神様の前で新郎・新婦が夫婦の誓いを交す儀式です。歴史ある緑の杜の神社で挙げる神前結婚式は、根強い人気があります。人生における最も重要な儀式である結婚式。我が国古来の伝統と美風を継承した神前結婚式こそ、日本で生まれ育った私たちにとってふさわしい結婚式といえるでしょう。本物の神社で、古の神々に見守られながら、おごそかな雅楽の響きにこころ澄ます、一生に一度の晴れの舞台。その伝統と格式の美しさが見直されています。

日本全国には8万以上の神社があります。結婚式場に設けられる神社には、代表的なものに伊勢神宮、出雲大社、多賀神社などがあります。これまでの神前式では基本的に参列するのは両親と親族のみで、神前の前で三三九度の盃を交わし、玉串を捧げ結婚を誓う伝統的な古式ゆかしい挙式でしたが、最近では友人たちも参列出来るような新しいスタイルを取り入れる神社も増えてきています。家と家との絆をより強いものにする神社での結婚式。おふたりの理想の形を見つけてください。

結婚式場と比べて、神社でブライダルを行う場合は、どのように違うのでしょうか?
神社で結婚式を挙げる場合は、神社への初穂料、三管演奏の費用などがかかります。もちろん、衣装やメイク、写真撮影などについては普通の結婚式場で挙式を行う場合と同様に手配を行うので、その費用が必要です。全てがセットになったホテルや結婚式場での挙式とは違い、衣装や披露宴などは新郎新婦・ご親族のご希望でいろいろなアレンジができます。神社で結婚式を挙げる場合、披露宴や会食会は提携先のレストランや料亭を利用することになります。

結婚式の進行は神道にそって執り行われます。とくに神道を信仰していなくても問題はありません。神社は営利目的で結婚式を行っているわけではなく、両家の発展や縁結びなどを大切に考えていることに留意をして利用しましょう。

このページでは結婚式場として利用できる名古屋エリアの神社をご紹介します。



護国神社

川原神社

若宮八幡社

城山八幡宮

那古野神社






解説メニュ−